夏までにわきがを治療しよう ○1

わきがはきちんと治療をすれば治るものです。まずわきがのメカニズムであるが脇にあるアポクリン腺から出てくる汗とエクリン腺が混じることによって分解発酵によってできる異臭である。アポクリン腺が少なければ臭いもあまりしないので問題ないが、アポクリン腺が多い方は男女や性別に関係なくにおいが強くなるので汗のかきやすいシーズンは手入れをしなくてはならない。まずは食生活を直すことによって治ることもある。わきがを治療するには市販の制汗剤で処理するのもいいだろう。においのあるものでもいいが無臭タイプのものでもきちんと時間内はにおいを抑えてくれる。簡単に安く手入れをおこなうのであればミョウバンがお勧めである。風呂に入る時にミョウバンをわきにこすりつけることによって熱でにおいの元を焼ききってくれるのである程度の効果は見込める。それほどにおいのきつい方でなければこのやり方で十分対策できる。